スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客席にダイブして死亡

「なんか臭うな」
「確かに。なんか臭くね?」





すいません。私です。

太田勇太郎です。



不毛な学生生活に精を出し、将来に向けた布石を何一つ用意していない部員の方々におかれましても

この異臭には随分と前からお気づきになられていたことでしょう。

4年生という加齢臭を夏の夜の蛾のように振り撒くことをお許しください。

バルサンだけは焚かないで!!



なにはともあれ、


ファックミーニューイヤー


今年は我が大学の駅伝部も久ぶりに正月の箱根路を走りましたね。志の高低はさておき、同志が全身全霊でタスキを繋ぐ姿に感動し、元気と「俺は何やってんだろう」の気持ちをもらった次第であります。(ニュース専修で応援する学長の写真がランナーと同じ大きさで掲載されていたのが気がかりですが・・・)

ダイソン掃除機が通常の用途ではなく、お年寄りのノドに詰まったお餅を吸い出す使われ方をするお正月から一か月が経ってしまいましたね。早いものです。




僕の四年間もあっという間でした。今、この四年間を思い出そうとすると、手のひらから砂が滑り落ちるように日々が掴めません。


こんな感じでしょうね。


41IK+LOHJZL.jpg



過ぎ去れしこの四年間を思うにつけ、頭をよぎるのはこのサークルでの日々です。


この私と出会ったばかりに、瞳の輝きを奪われてしまった若人の方々、申し訳ない。

私が虚弱なせいで、悲しい思いをした君、言葉をいくつ並べても形にできない。



この人生最後の春休みと世間で言われる時間を投じて、私は不届きにもこのブログをしたためようと思う。

そうしたところで、事態は何も変わらないし、滑り落ちる砂をすくい上げることも、できない。

積りに積もった砂山を眺めたところで、大事なものを胸ポケットに詰め込むこともできないであろう。



しかし、私は今、ブログをしたためる。

理由は言葉にできない。


ただ、この春休みとブログを、私なりの惜別にしょうと思う。



「オフィシャルなブログを使ってコイツ何やってんだ」と思った方、



賢明である。



「いい歳こいて何言ってんだコイツ」と思った方、



ご名答である



「言い回しが村上春樹のところあったよね?」と思った方、



正解だが、私は村上といえばショージ派です。








73adb8e8-s.jpg



どぅーーーん




私のブログはくだらない。村上ショージ氏は偉大だが、私はくだらない。


だからこそ、読者諸賢が変わっていただく他にないのである。


在学生もOBも、もしかしたら、このサークルの門戸を叩くかも知れない君も、

ある種の慈しみをもってこの私の手記を拝見していただければ幸いである。







太田勇太郎。


スポンサーサイト

COMMENTS

ネクストステージ、がんばってください。
いつでも部室で待ってます。

No title

足元からの異臭は間違いなく僕でしょう、自分でも臭くて嫌になるほどだから他の人からしたら悪臭でしょう。すまない。
なにはともあれ、「私の手記」って使うあたり太宰リスペクトが感じられる

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。