スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間の波をつかまえて

始まりましたね
黄金週間(ゴールデンウィーク)

あっ!余談なんですけど
ゴールデンウィークってもともと
映画業界用語らしいですね

つー訳で映画観てきました
今回観た映画は
劇場版
超仮面ライダー電王&ディケイド
鬼ヶ島の戦艦
です!!

今回の参戦者はこちら!

石:ど~も映研の土下座フォームこと
  イシタロス改めて石原です

平:こんにちは!今日のズボンはペガサスフォーム意識してきました
  平です

石:そして!
  我等がゴリライマジンこと恋する妄想怪人 
  譲原くんの3人です

ゴ:いや~いい年こいた大人が何見てるんだって感じですね

平:ちょwwwつかこの企画先輩発案じゃないっすか!?

ゴ:あれ?そうだっけ??

石:ちょっと先輩しっかりしてくださいよ

ゴ:メンゴ、メンゴ!

平(うわぁ~今時「メンゴ」だっていつの人間だよ)

石:お腹すいたなぁ~

ゴ:まぁ落ち着けってwwwお婆ちゃんも言ってるだろ
  食事は一期一会、毎回毎回大事にしろと

平:さすが先輩です!!つかおばあちゃんすげー

石:そうですね。おばあちゃんは偉大です

ゴ:だね。ところで映画はどうだったかな??

平:いや~かーなーり面白かったです

石:この面白さは劇場にいって確認するよね?答えは聞いてない!

ゴ:個人的には最後のライダーキックがかっこよかったね
  ソードフォームなのに蹴り!暑い夏を感じさせる1コマでしたね

石:さすが先輩は見ているところが違うな~

平:でも一番すごかったのは最後の予告ですね

一同:たしかに!!

ゴ:あれは期待大だね!!

石:そうですね!公開が楽しみです

平:あっ!すいませんそろそろ僕時間なんで失礼します

さわやかな笑顔を残して平君は自分の世界に旅立った
そう、彼は今日もどこかで誰かの笑顔を守るために戦っているんだ
僕らはそんな彼を笑顔で見送った

石:どーしましょうか?二人になってしまいましたよ

ゴ:そうだ!お前腹減ったって言ってたよな?

石:はい

ゴ:んじゃチャーハン対決でもするか?

石:あっ!いいっすねそれ!ただ僕負けないですよ~~

ゴ:ふん!最初に言っておく!俺は最初からクライマックスだぜ!!

平:説明しよう!チャーハン対決とは、山状にもったチャーハンの真ん中に
  旗を立てて、砂山崩しの要領で食べていき、倒したほうが負けというゲームだ

石:あれ?今平がいたような気が・・・

ゴ:きっと海東が召還したんだろ

石:さすが!ただ、扱いがひどかったですね

ゴ:だな。ムリにディケイドと絡ませる必要があったのだろうか

石:ですね~さて、大体説明も終わりましたし

ゴ:そうだな!勝負だな!ミラーワールドでな

つー訳で始まったチャーハン対決
因縁の師弟対決が今ここに始まる
柚鬼VS石鬼の初対決だ~~~~

090502_0101~0001

ゴ:準備は出来たぞ!

石:んじゃ変身しておきますか

ゴ:そうだな

石&ゴ:変身!!

じゃかじゃかジャキーン!!

石:俺の土下座にみんながわいた!!
  仮面ライダー土下王!

ゴ:原っぱを譲り、太平洋で一番になる男!
  仮面ライダーズリバー!

戦いの音撃が僕らの耳の奥でなり響いた
序盤は二人とも
まず削ることから始まった

090502_0106~0001

今回のチャーハンの具は
なんと出血大サービスカニ缶入りだぁ~

さぁ両者
どんどん削っていく

090502_0110~0001

石:結構腹にたまりますね

ゴ:そうだな。ところでお前の夢はなんだ?

石:俺には夢がない。でもな、夢を守ることは出来る!

ゴ:そうか。だが俺も負けてられん。フォームチェンジだ!

そういった瞬間ズリバーがバボブフォームへと変わった

石:俺もまけてられない!!画面の前のみんな!観ててください僕の変身!!

負けじと石原も二千円フォームへと変わった
まったく安いフォームチェンジである

戦いはまだ続く!!

090502_0118~0001

石:途中大分はしょりましたね

ゴ:あぁ。そろそろ面倒になってきた

石:じゃぁ決着つけましょうか

ゴ:そうだな

石:フルチャージ!俺の必殺パート1!!

ゴ:ファイナルアタックライド!ズズズズズズリバー!

石&ゴ:うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!

どかーん

石&ゴ:ご馳走様でした

090502_0122~0001

・・・長々とふざけてすみませんでした
完全悪ふざけですが
たまにはいいですよね??

PS
今石原君が僕の隣で屁をこきました
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。