スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぁ、終わっちまう!

寝れないのでもう1回。今回はハードコアの話はなし!映研のことでも書きましょう。

ヒトラー1


いつだったかもう忘れましたが合同上映会がありましたね!お疲れ様でした。我々の出展作品は3本でしたね。監督の皆さん、お疲れ様でした。特にMイケル先輩、大学賞の受賞おめでとうございます!
今回の上映会はどの映画もおもしろく、とても楽しいものでした。全ての映画に見入ってしまいましたね。

ヒトラ-2


これから作られていくであろう素晴らしい映画の数々が今から楽しみですね。テストが終わって春休みになれば撮影をする人も多いんじゃないかと思います。がんばりましょう。

ヒトラー3


我々の代になって少し経ちました。ちゃんとやってるような気もします。嘘です、ダメです。がんばります。
これから、また新歓やら何やらハードコアな行事が待っているので我々は改めて気を引き締めてがんばっていこうと思っています。副代表がそう言ってました。嘘です。代表が言いました。もう、嘘はつきません。

ヒトラー顔ななめ6


先輩の皆様、後輩の皆様、2年の皆様、とにかく皆様、また来年一年よろしくお願いします。

ヒトラー4


楽しい一年になると良いですね!とりあえず、映研らしく映画を撮るのが良いと思いますよ。確かに大変だけれどやってみると楽しいですから。撮る人にとっても参加する人にとっても良い思い出になることはまず間違いないでしょう。それに自分の作品が残るなんて素晴らしいじゃないですか!遊び感覚でも良いと思いますよ。まずは、撮ってみることが重要でしょう!何も怖くないさ!

ヒトラー5


というわけで、さようなら!

ヒトラー

スポンサーサイト

さよなら2007!!

もう2007年が終わっちまう!!

これはハードコア級の早さですね。いや、グラインドコアだね。まさに、ナパームデス級の秒殺グラインドチューン炸裂!って感じですね。

やばいですね、ハードコア熱。でも、すぐ終わりそうだよね、この感じは。一気に燃え上がってすぐ消えるって感じですね。悲しいですね。

今日は課題に使う本を買った後、コーヒー飲みながらノルウェイのハードコアバンド、Mob 47を聴いてたんですよ。83曲入ってる最高のアルバムです。でも、曲の違いが全然わかんないんです。最初はかっこいいんだけど10曲目を越えた辺りから何聴いてるんだかわかんないね。うっせーし、本も読めやしねぇ。ただでさえ何言ってんのかわかんないのにノルウェイ語?かなんかで歌ってるからよけいにわかんねぇよ。

『Det Är Upp Till Oss』

曲名すら読めないし。

前置きが長くなりましたが、皆さん良いお年を!

とりあえず、今年最後に聴く曲はMANOWARです。ハードコア?MANOWARを差し置いてそんなの聴くかよ!

Det Är Upp Till Oss!Det Är Upp Till Oss!Det Är Upp Till Oss!Det Är Upp Till Oss!

また来年お会いしましょう。デトアルウップティルオッス!...読めません。サヨナラ!

C.N.D.P

終わりですね。

皆さんこんにちわ!

もう年末ですね!2007年ももうすぐ終わってしまいますね。今年はどんな年でしたか?良い年だったかもしれないですし、ゴミだったかもしれないし色々でしょう。僕はどうだったかというと.,,ハ、ハードコア!!
ハードコアな一年でした。ってか、最近ハードコアです。もうハードコアにしか興味が行きません。朝の挨拶も「ハードコア!」です。

このまま、ハードコアおじさんとして2007年を終えることでしょう。そして、ハードコアおじさんとして2008年を迎えることでしょう。

そして、ついにこの年の瀬にある事件が起きたのです!!

映研バンド結成!!しかも、ハードコア!!!

バンド名も決まっています。

C.N.D.P!!

City Noborito Death Patrol!!

やべぇ、最高の名前だ。シティノボリトデスパトロール...最高のダサさだ。ハ、ハ、ハ、ハードコア!!

今までもバンドを作るとかそんな話はあったと思います。楽器ができる人もそれなりにいたんじゃないかと思います。このバンドにはちゃんと楽器ができる人がほとんどいません。悲しい現実です。常に気持ちと現実は違っています。そして、その相違は悲しい結果を生むのです。
でも、だいじょぶ!ハードコアだから!!バカにするわけじゃないですがハードコアは初期衝動です。その内うまくなっていけば良いんです。もちろん、僕はもううまいです。皆との差は歴然としています。ハードコア!!

というわけで、来年はみんなでハードコアを聴きましょう。とりあえず、イタリアの最強ハードコアRaw Powerの『Screams From The Gutter - After Your Brain』を聴きましょう。最高!!ハードコア!!

聴いた瞬間...墓場行き決定!!

んじゃ、勝手にがんばります。皆さんもがんばってください。

さようなら...ハードコア!!!!!!!

仮装だよ!全員集合!!

さよなら!

監督インタビューブログ Pt.2

こんにちわ!マルキ・ド・大神田です。

前回、大変好評で様々な反響を呼んだ監督インタビューですが、早々と第二弾です!

第二弾の監督はビーストことY原監督です!!彼は韓国料理のチャプチェばかり食べているようなので素晴らしい作品が期待できそうです。では、早速インタビューをお届けします。

神:大神田
Y:Y原監督

神「どうもこんにちわ。寒いですがお元気ですか?」
Y「元気です。ビーストなので元気です!」
神「では、早速質問に入ります。初めて自分だけの映画を作った感想は?」
Y「初めてだらけ何で苦労しました!でも、とても楽しかったです♪」
神「やっぱり最初は大変ですよね。撮影は順調でしたか?」
Y「杉並区の職員に叱られた以外は順調でした♪」
神「音符ばかりで気持ち悪いですね。今回の映画のテーマはありますか?」
Y「大枠は恋愛ですが本当に言いたいことは夢です。」
神「あなたらしいですね。見所は?」
Y「M栗さんが走るところとラストシーンです。」
神「老体に鞭を打って彼は走ったんですね。どのような映画になりそうですか?」
Y「自分妄想がてんこ盛りです。」
神「妄想ばっかりしていますね。今回、苦労した点は?」
Y「公園での撮影です。」
神「ビスートであることの意義はなんですか?」
Y「意義ですか?...チャプチェですかね(笑)」
神「チャプチェ!ビーストになったことのメリットとデメリットは?」
Y「メリットは現代表と神田代表と一年のA君が笑ってくれることです。デメリットはしらける可能性が高いことです。」
神「私は好きですけどね。ファンに一言ありますか?」
Y「僕とビーストしましょ♪」
神「私はビーストしていますよ。アンチビーストの人間に一言ありますか?」
Y「...行くぅ?」
神「私は行きません。それでは、作品楽しみにしています。今日はどうもビーストでした。」
Y「こちらこそ、ビースト!作品、ビーストしてください。」


というわけで、ビーストY原監督のインタビューでした。いかがでした?皆さんもこの映画を観てビーストしてください!

第一回監督インタビューブログ

どうも、ヘルライダー大神田です。

最近、何人かの方々が映画を撮影していますね。脚本を考えているという人の話もちょくちょく聞いています。さすがは映研!!この流れは終わらせてはいけません。やっぱり、こうあるべきでしょう。

映画を作っている監督さんに適当に私がインタビューするこの企画...このすばらしい企画がついに始まったのです!皆の期待も高まり、監督はよりすばらしい作品を作れるようになるでしょう。

では、記念すべき第一回目のゲストは、我らが早乙女こと、M栗監督です!早速インタビューをしていきたいと思います。

神「どうもこんにちわ、映画を撮影中なんですってね。」
栗「そうなんです。今日も撮影をしてきました。」
神「それはすばらしい!では、早速ですが質問に入ります。撮影は順調ですか?」
栗「お陰様で制作快調です!」
神「それは、よかった。今回の映画のテーマはありますか?」
栗「人が人の傍にいるというのは何かということですね。」
神「興味深いテーマですね。見所は?」
栗「キャストの演技です。」
神「ちなみに私も出ています。まだ完成していないので難しいかもしれませんが、どのような映画になりそうですか?」
栗「落ち着いた感じかな。」
神「年相応ですね。少し、個人的な話になってしまうんですがねじ込んで良いことはありますか?」
栗「後悔することばかりです。」
神「でも、私はすばらしいと思いますよ。今回、ねじ込んだ部分は?」
栗「私がねじ込んでいないときなどありません。」
神「ねじ込み監督は不眠不休なんですね!口だけって本当ですか?」
栗「私はそうやって生きてきました。」
神「そこまで来れば立派ですね。ファンに何か一言ありますか?」
栗「そんなファンに無上の感謝を!」
神「アンチM栗の人間に一言ありますか?」
栗「ねじ込む側にはいつも、敵ばかりです。拒否するのもわかります。ですが、そんな人種がいることを覚えておいてください。それが私の唯一の願いです。」
神「私はねじ込み屋を否定はしませんよ。どうもありがとうございます。今回の質問はコレで終わりです。お疲れ様です。」
栗「こちらこそ、ありがとうございます!」

いかがだったでしょうか?皆さん、M栗監督の次回作に期待しましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。