スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

客席にダイブして死亡

「なんか臭うな」
「確かに。なんか臭くね?」





すいません。私です。

太田勇太郎です。



不毛な学生生活に精を出し、将来に向けた布石を何一つ用意していない部員の方々におかれましても

この異臭には随分と前からお気づきになられていたことでしょう。

4年生という加齢臭を夏の夜の蛾のように振り撒くことをお許しください。

バルサンだけは焚かないで!!



なにはともあれ、


ファックミーニューイヤー


今年は我が大学の駅伝部も久ぶりに正月の箱根路を走りましたね。志の高低はさておき、同志が全身全霊でタスキを繋ぐ姿に感動し、元気と「俺は何やってんだろう」の気持ちをもらった次第であります。(ニュース専修で応援する学長の写真がランナーと同じ大きさで掲載されていたのが気がかりですが・・・)

ダイソン掃除機が通常の用途ではなく、お年寄りのノドに詰まったお餅を吸い出す使われ方をするお正月から一か月が経ってしまいましたね。早いものです。




僕の四年間もあっという間でした。今、この四年間を思い出そうとすると、手のひらから砂が滑り落ちるように日々が掴めません。


こんな感じでしょうね。


41IK+LOHJZL.jpg



過ぎ去れしこの四年間を思うにつけ、頭をよぎるのはこのサークルでの日々です。


この私と出会ったばかりに、瞳の輝きを奪われてしまった若人の方々、申し訳ない。

私が虚弱なせいで、悲しい思いをした君、言葉をいくつ並べても形にできない。



この人生最後の春休みと世間で言われる時間を投じて、私は不届きにもこのブログをしたためようと思う。

そうしたところで、事態は何も変わらないし、滑り落ちる砂をすくい上げることも、できない。

積りに積もった砂山を眺めたところで、大事なものを胸ポケットに詰め込むこともできないであろう。



しかし、私は今、ブログをしたためる。

理由は言葉にできない。


ただ、この春休みとブログを、私なりの惜別にしょうと思う。



「オフィシャルなブログを使ってコイツ何やってんだ」と思った方、



賢明である。



「いい歳こいて何言ってんだコイツ」と思った方、



ご名答である



「言い回しが村上春樹のところあったよね?」と思った方、



正解だが、私は村上といえばショージ派です。








73adb8e8-s.jpg



どぅーーーん




私のブログはくだらない。村上ショージ氏は偉大だが、私はくだらない。


だからこそ、読者諸賢が変わっていただく他にないのである。


在学生もOBも、もしかしたら、このサークルの門戸を叩くかも知れない君も、

ある種の慈しみをもってこの私の手記を拝見していただければ幸いである。







太田勇太郎。


スポンサーサイト

2014

c0223486_0444783.jpg



2014年。


ご挨拶遅れましたが、代が交代しました。







私が代表だ。みんなおはよう。







ローランド・エメリッヒ監督の作品に出てくる大統領のような挨拶にて登場させていただきました。みなさまはじめまして。映画研究同好会37th代表の428です。昨年の11月3日から代表を務めさせていただいております。このブログはすっかり手つかずだったので今回更新させていただいた次第でございます。

さて、かつて『2012』という作品がありました。内容はこうです。

ある日起きると世界中で天災が相次ぐ。最新の研究によれば2012年の12月21日には世界が滅亡してしまうという。残された人類は箱舟を作り生命を残そうとするが・・・


これ、設定はまだしも、タイトルは2012年までしかもたないよね。


当時はマヤのカレンダーとかで2012年に人類が滅亡するということがちらほら話題になっていたからかこの作品も確か話題になっていたと思う。

そんで当時確か私は中学生だったので、「どうせ2012年で人類はメツボーするから」とあまり深く考えていなかったが、


人類は滅亡せずに、この作品だけが残った。


この作品における特撮技術はもう凄いですよ。最近ではギレルモ・デル・トロ『パシフィック・リム』も凄かったですけど、やっぱりこの作品での街の破壊描写は細かいのはもちろん、エメリッヒ特有のユーモア溢れる捉え方がいいんですよ。確か、ね。

しかしそんなこの作品も2012年を過ぎてからは一切話題に上らなくなった気がする。

でも僕は、あえて思い切ったこのタイトルを評価したいです。

きっと、2012年に本当にこの世界が滅亡しても、この作品だけは残る。映画の終盤に箱舟を作って、人類が生命を残そうとするように、


エメリッヒはこの作品の中に、私たち人類が生きた2012年の歴史を残したかったのではないでしょうか。

『2012』とは2012年のことではなく、人類が生きてきた2012年間のことだったのです!



結果我々は2012年以降も何事もなく生き残りました。しかしこの作品は人々の中からどんどんと忘れられ、今さら観る気もおきないしテレビでもタイトルへの今更感が先行し今後放映されることもないでしょう。『ボルケーノ』もやらないでしょう。

しかしこのような負け戦にあえて飛び込むという潔さを、僕は忘れたくないなと思いました。







★2014年1月21日の作品★
『2012』
監督:ローランド・エメリッヒ
製作国:アメリカ合衆国、カナダ
製作年:2009年

心の旅 ~crush on the machoの旅~

どうも、割りばしが上手く割れなくて少し困ってるの太田勇太郎です。

みなさんは水無月の端緒、いかがお過ごしでしょうか?



突然ですが、こちらをご存じでしょうか?




tbs1.jpg



筋肉番付



少しでも脳裏に引っ掛かるものがあると嬉しいです。

電話ボックス級の跳び箱を飛んだり、天井から降ってくるボールにタッチしてた番組です。

私としては非常にテンションの高ぶるものなのですが、ジェネレーションギャップとやらもありますので・・・・

私は現在四年生で浪人をかましてますので、新入生や二年生は私が高校3年生のときにはまだ中学生ですから



同じ学び舎にいない


となると懐かしいと感じるものに離婚寸前の夫婦並のすれ違いが生じそうです.。





ともかく、買っちゃいました。


k




トレーディングカード

BACK TO THE GLORY
 


偶然立ち寄ったおもちゃ屋さんで目に留まり、SF映画のように過去と現在が錯綜する中





私はお年玉を握りしめた子供のような瞳で競馬新聞を握りしめたおばちゃんに話しかけました。



ケイン・コスギがほしい と




おばさんは「じゃ、買えばよろし」と言わんばかりに、22歳には不釣り合いなほど目を輝かせる私を見つめていました。





明日の夕飯代を削れば買える!!というシンプル且つ大胆な発想に行き着いた私は、




気が付いたら、体が縮んでしまっていた!!


というコナソ君展開はなく





まるでそうすることが予定調和だったかのように、なけなしのお金をはたいていました。






早速開けてみましょう








残念・・・




今日はここまでだぜ!!






これでこのブログが気になって、30分に一回は更新を確認してしまうね。


大学生の本分は勉学ですぞぉ~ by ムック











最後にパーフェクトボディを添えておきます。







パーフェクトボディ




次号をお楽しみに!!!!

心の旅 ~under the CB(cherry blossoms) の旅~

どうも、人生常にオフサイドこと太田勇太郎です。

一年生のみなさん!!そして、在校生のみなさん!!


今年もやるみたいですよ!!花見HANAMI。




去年埋めたタイムカプセルを掘り出しましょう。






まあタイムカプセルとかそんなラブリーなイベントはしてないけど。


でも、花見は本当にするみたいですよ。




傘はへし折るくせにエロリーハプニングは起こさない悪天候に見舞われ、桜の花びらのコンディションが危ぶまれますが、そこは桜のアートネーチャーことを信じましょう。




で、いつやるか?




今でしょ!!







林先生、残念でしたー



明日でしょ!!


4月6日です。



一年生はそろそろ詐欺のような大学への山道に辟易しはじめているころだと思いますが、その道がいつか懐かしくなることを信じましょう。



とにかく、情報が気になる方は部室まで足を運んでいただくか。ブースまで足を運んでいただくか。Twitterで映研(@Send_your_movie)をフォローするとか。世界の中心で映研をググるか。



ちなみに部室は第二学生会館二階です。


二が二つです



それでは桜の下でお会いしましょう。



太田勇太郎。

心の旅 ~please introduce の旅~

どうも、アルミ箔の味が大の苦手な太田勇太郎です。



一年生の皆さん(恐らく見ている人はいないと思いますが)

今年の新歓はあいにくの天気であまりサークルを回る機会がないかもしれません。


もう、小学校初登校の日の「ハンカチ持った?筆箱持った?トイレ行きたくなったらいいなさい・・・」という母親のようなしつこい勧誘ラッシュに疲弊しきっておられる方もいっらしゃかもしれませんが。



ということで今回はこのサークルの紹介を



まず、名前ですが映画研究同好会と申します。


なぜ、映画なのか?



それは4年生の僕でも皆目分かりません



一応、自主製作映画という形で映画製作をし、上映会を開催し、他大学が主催する映画祭なんかにも参加している。



しかし、メンバーは個性豊かだ。出身はさまざまで北は4千年の歴史を持つ中国(現在失踪中)から南は沖縄、2Dはマサラタウンまで。サヨナラバイバイ。

好きな映画も様々で・・・てか、映画そんな好きじゃ人もいる。


趣味もバラバラ。バスケ小僧もいるし、カメラ小僧に都市伝説小僧。



もちろん無趣味もいっぱいいるよ!!





では、そんな僕らをつなぎとめるものは何か?

それは




ハリウッドのノリだ


それでは一年生向けにこのサークルの適正検査をしますYO。



Q.あなたは今ロサンゼルスのある裏組織ののリーダーです。銀行強盗をするとなったらどうやって、お金を盗みますか?





A.


銀行ごとヘリで盗んじゃえ!





Qあなたには今好きな子がいます。その子にどうしても気持ちを伝えたい!どうしますか?






家ごとヘリで奪っちゃえ!



極限状態で結ばれたカップルとか映画みたいで素敵じゃないですか?だったらヘリで家ごと盗んで何食わぬ顔で彼女に近づきましょう!




ダメだこりゃ



兎にも角にも、少しでも気になった方は部室をのぞいてみよう。何が見えるかなぁ?ゴロリ~


ワクワクさん。時代をありがとう。


太田勇太郎。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。